万が一に備えて|iphoneバッテリー交換で相棒が長持ちする

iphoneバッテリー交換で相棒が長持ちする

ワーカー

万が一に備えて

基板

正規のお店で直してもらう

生活の必需品となりつつあるアイフォンですが、機械である以上は不具合が生じる可能性も当然ながらあり、万が一のトラブルにそなえて準備をしておくと直るまでの期間を短くできます。取扱説明書を読むと、不具合が出た時には購入したお店にアイフォンを持って行くようにと書かれています。正規のお店で修理を依頼するのが最も確実なのは間違いないです。アイフォンを修理に出す時に気になるのが預けている期間の間をどう過ごせばいいのかですが、最近では修理に出すアイフォンの代わりに別の機器を貸し出してもらえます。同じ機種かどうかはお店ごとに多少違いますが、基本的にはいままで使っていたものに近い型のアイフォンを借りられるので生活面で不自由をする心配はないです。また、購入してから時間がそれほどたっておらず、さらに故障の原因が自分とは関係ないところにあるのなら、保証期間内であれば修理代を支払わずに無料で直してもらえます。修理が必要だと感じた場合には、とりあえず購入したお店に持って行くのが適当です。

専門店で直してもらう

ほかにも、アイフォンをはじめとする携帯電話の修理業者さんに持ち込むという手段でも直せます。正規のルートでアイフォンを直す場合には二週間は見ておく必要がありますが、修理業者の場合には症状が軽いものなら即日での復元も可能です。一刻も早くいままで使っていたアイフォンを元に戻したいのならこっちが最適です。また、購入したお店に持ち込んで修理を依頼すると、基本的にはデータが初期化されて、新品とほぼ同じ状態で返ってきます。もちろん、事前にバックアップを取っておけば問題ないですが、戻ってきた後にいままでにダウンロードしたアプリケーションを再び導入するなどの手間を省きたいのなら修理の専門店に持って行くべきです。さらに、ちょっとした故障なら少額で直してもらえるのも業者の方を選べばこそです。アイフォンを水没させてしまうなどの直すために複雑な作業が必要なケースを除いては、専門の修理店に頼んでしまった方が経済的です。